天神祭の魅力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こないだ社内の子に
「天神祭って何が面白いの?」
と聞かれたので、勝手に語ってみました。

天神祭は花火や屋台は(私的には)そんなに規模が大きくないと思います。

アダ流!天神祭を楽しむなら、この二通り。

  1. 陸渡御(りくとぎょ)の行列や天満宮の時車引き回しを楽しむ!
  2. 船渡御(ふなとぎょ)はお船で楽しむ!
陸渡御と船渡御の違いは、漢字のとおり、陸でのお祭りとお船(川)でのお祭りです。
「りくとぎょ」は正しくは「おかとぎょ」らしいのですが、
「りくとぎょ」と言う人も多いのでここでは「りくとぎょ」にしてます。

天神祭といえば花火や屋台と思ってる人も多いと思うのですが、
天神さんの一番の魅力は数多い種類の行列だと思います。

特にアダの大好きなのは、

願人(がんじ)
烏帽子みたいなのをかぶって、御神輿の上のシーソー状になっている太鼓を力強く叩く姿は圧巻です。

 

天満宮での地車(じぐるま)引き回しもすごい迫力です。

天神さんはたくさんの種類の行列があって、
傘踊りやお神輿や運が良かったらお馬さんもいたりして、すごく楽しいです!
独特の龍踊りも必見です。天満宮で見れますよ。
天神祭の祭り囃子も鐘を使った不思議なリズムでムズムズ興奮します。

商店街などを練り歩いているとき、協賛してくれたお店の前で願人さんたちが止まって大阪締めをします。
船渡御でもお船が行き交うときにします。
打ち方は

「打ーちましょ(打ーちまひょ) !」   パンパン!
「もひとつせっ!」   パンパン!
「祝(いお)おうて三度!」   パパン、パン! 

です。一緒にやりましょう。めっちゃ盛り上がるんで。



 

船渡御(ふなとぎょ)はお船に乗れると楽しいです。
お船の上から見る花火は絶品です♪
ちょっとお船に乗るのは高いので、乗れるときはぜひ挑戦してみてください♪

 

何年か前に川のすぐ隣のマンションをセカンドハウスとして持ってらっしゃるセレブな方にお招きいただいたんですが、クーラーの効いた中、間近で見る花火も綺麗です。

天神祭の花火はのんびり上がるので、まったりと楽しみながら見れる状態で見るといいと思います。
私は今年は住んでいるマンションの階段でビール片手に楽しもうかと思っています。

 

というわけで、天神祭は面白いよ、と
お祭り女ディレクターアダチがお届けいたしました。

 

Home > お知らせ・ひとこと > 天神祭の魅力!

カテゴリー
アーカイブ
タグクラウド

Return to page top