いいね!win-winなビジネスの実例 CPI15周年記念パーティー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月1日にホスティングサービス「CPI」15周年記念パーティーに出席してきました。

全国のWeb業界を担う方たちが東京に集まりお話しできる場となり、
きめ細やかな気遣いのあるスタッフの方たちのおかげで、
素晴らしい時間を共有させていただきました。
ありがとうございました。

パーティーの翌日、新幹線の時間までの間、何人かの方とランチをご一緒して喋りまくったおかげで
自分の頭の中でぼんやりとしていたことがだいぶとスッキリしてきました。

今回のパーティーについて、私が感じたことを感じたままにまとめます。
先に結論を書いておきますね、いつもどおり長いんで。

●結論
win-winなビジネスの実例を目の当たりにして、
お互いハッピーってほんといいよねって実感しました


●感じたこと

勝手な推論ですが、我々Web制作者や担当者というのは、
ホスティングサービスにおいてターゲットの1つだと思います。
通常の企業であればサーバーを借りるというと、1アカウントです。
ですが、我々は企業様のサーバーはどこが良いのかを考えて提案する機会が多々あるため、
契約件数の向上に関係してきます。

そのため、制作者や担当者が是非にもCPIのサーバーを利用したいと思わせる何かが必要です。

その1つがパーティーでもプレゼンされた
Web制作を超ラクにする次世代サーバーツール 『SmartRelease』」。
テスト環境では動いていたのに本番で動かない、ファイルがリンク切れしていた、データが先祖返りしてしまった等、
制作者なら一度はやらかしたことのある問題を解決するツールです。
こんなツール入ってるサーバーなら、お客さんにとってもメリットが多いため薦めたくなります。

もう1つがパーティーに集まる人。
本とか書いてる人やセミナーで喋ってる人、見たことある人がズラズラ〜。
新しいつながりやコラボレーションなども生まれるだろうし、
こんなことでもない限り、なかなか集まれないと思います。
そういうコミュニティがあるということは、我々制作者にとってはとても有難いことです。

最後に主催者の高畑さんやスタッフの方たちの細かな気遣い。
ホスティングサービスというスペックや価格で比べがちなサービスを支える
「中の人たち」の気遣いは、サービスの質を物語り、他との差別化に繋がると思います。

参加者も主催者もみんなが笑顔でした。
そしてビジネスに繋がっていく。
お互いに気持よく、お互いにハッピー。

とても素晴らしいパーティーでした。

最後に改めて、
ありがとうございました。

Home > Webディレクター・Webディレクション > いいね!win-winなビジネスの実例 CPI15周年記念パーティー

カテゴリー
アーカイブ
タグクラウド

Return to page top