webディレクターとは?webディレクターの仕事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも、webディレクターとは何なんでしょう?

またwebディレクターの仕事とは何なんでしょう?



Web業界用語サイトの「Webディレクター」によると、

Webディレクター(うぇぶ・でぃれくたー)とは、Webサイトの制作スタッフを統括し、進行管理、品質管理などを行う制作責任者のこと。Webディレクターには、Web制作のみに留まらず、テクノロジー、広告手法など、インターネットに関連する広範な知識と経験が求められる。Webプロデューサーとの境目は曖昧な場合が多いが、Webディレクターは制作の現場管理やスケジュール管理業務が主であるのに対して、Webプロデューサーはどちらかと言えばお金の管理やプロジェクトの最終責任を負うケースが多い。

なんだそうです。

さらに、

プロジェクトの規模によっては、Webプロデューサーインフォメーション・アーキテクト、あるいはデザイン・制作業務まで兼務することもある。




ですって。

 

私、自分が何をしてるのかよくわかりません(笑)

 

というのは、私がwebディレクターと表現しているものが指すのは、
いわゆる「webディレクター」+「webプロデューサー」+「インフォメーション・アーキテクト」+αなのです。

もちろん、私が属するのはプロダクションなので、
代理店からお仕事を受ける場合はクライアントから見たプロデューサーは代理店です。
ですが、こと受けたお仕事に関してでは、社内から見ればプロデューサーも兼ねます。

こんな感じでなんだか、ボヤッとしてるのがwebディレクター。

プロダクションによっては、ディレクターとプロデューサーが明確に分かれていたり、
インフォメーション・アーキテクトが在籍していたりするかと思いますが、
もし在籍していても全ての案件の予算や内容によってはディレクターだけですすめることも多いかと思います。

 

ですので、「dig-webディレクター向け情報サイト」についてはwebディレクターに限らず、
プロデューサーもIAもひっくるめて、なんかそのあたりの人たちに向けたことを書きます。

 

そして、この記事で私が言いたいことはそれだけではなく、
ディレクターって何をしてるのかわかりやすい単語でいうと、
「つなぐ」ことなんじゃないかと思うんです。

 

クライアントとユーザーをつなぐためのことを考える
クライアントとプロダクションをつなぐ
デザイナーとコーダーをつなぐ
などいろいろつないでるんじゃないかと。

つなぐためには、いろいろと決めないといけないこともありますよね。

予算やスケジュール、どんな仕掛けにするのか、どんな表現にするのか、
どんなことを伝えるのかなどを具体的に落としこんで、
そして実行するための準備をするのがディレクターなんじゃないかと思います。

 

クライアントとプロダクションをうまくつなぐために必要なのが営業だったり、
クライアントとユーザーをうまくつなぐために必要なのがデザインやインフォメーション・アーキテクチャだったり、
デザイナーとコーダーをうまくつなぐために必要なのがマネジメントだったりすると思います。

 

だから、その配分はプロダクションや案件によるけれど、
様々な要素について求められるのがディレクターだと考えています。

Home > Webディレクター・Webディレクション > webディレクターとは?webディレクターの仕事とは?

カテゴリー
アーカイブ
タグクラウド

Return to page top