webディレクターとして、一人の人として

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アダチです、こんにちは。
いつもはFacebookで書くことがほとんどなのですが、
思いのたけを長々と書くには向かないのでブログも書いていこうと思っています。

突然ですが、私は徹夜、苦手です。

やる気がない!と怒る人もいるかもしれませんが、苦手なもんは苦手です。
極力しません。

そんなこと言って、徹夜ばんばんします。
しないといけないことをせずに徹夜は嫌だと言っているわけではありません。
根性論ではありません。

私は、肩書上ディレクターを名乗っていますが、自分のしていることがいろんな方と知り合えば知り合うほど
一概にwebディレクターという言葉でくくれないことをしているようです。

ある方は、私を「デザイナー」と呼び、ある方は私を「マークアップエンジニア」と呼び、
はたまた「マネージャー」や「IA」や「プロデューサー」や…まあこのへんはいいんですが、
いろんなツールをわけわからん組み合わせで効率化のために使うので「ツール使い」とか、
さらには「影の社長」やら「おかん」やら「女王さま」やら褒められてるのかけなされてるのかよくわからない言われ方をします。

どんなことをして一日を過ごしているかというとだいたい、
人と喋ってるか、でかい机を占領して資料を整理したり書いたりしてます。
今はチームを解体して制作を一本化したので前ほどじゃありませんが、
チームを持っていたときはチームメンバーのマネジメントに頭を悩ませたりしてました。
今はどちらかというともう少し上の目線でのマネジメントに頭を悩ませることが多い気がします。

お気づきの方もいるかもしれませんが、
私は常に「考える」「判断・決断・実行への指示」ということを仕事の中心にしています。

よく思うのですが、デザイナーとしてやっていたときと、今は、
脳ミソの使う部分が違うような気がします。

体がしんどいのはデザイナー時代でしたが、
頭がしんどいのは今のほうが遥かに上です。

で、回復はどちらが早いか。
私の場合は、体の疲れのほうがずいぶん回復が早い。

頭の疲れは心も擦り切れることと近しい部分でもあり、
慎重に付き合うようにしています。

頭の疲れは一日二日寝れば必ず回復するものではありません。

根本を解決しなければ、いつまでもそのことで悩みます。

私の役割は「考える」「判断・決断・実行への指示」なので、
頭が使えなくなってはいけないと思っています。


ですので、私はリスクマネジメントの一環として、徹夜などをせずに済むように、
作業効率を上げることや、
いかに高い集中力を保つかや、
その場で問題を解決するかなどを徹底的に取り組もうと心がけています。

一方で、頭が沸騰して正常に動かなくなりそうなときの解決策も必死になって導き出しました。

なんせ一回失敗してますからw
二度とあんな思いはしたくないと思えば、人間ってすごいもんで腹を据えて方法を考えるんですね。

その方法の一つが「できる限り徹夜しない。早く帰れるときは速攻帰る」です。

ほかにもいくつかあって、

  • プライベートを充実させる
  • 私をサポートしてくれる人を頼る
  • マイナスの感情は表に出してその場で解決する
  • プラスの感情も表に出していつまでも味わう
  • 常識とか関係なく、真っ新から考える
  • 心理学・コーチング・認知科学などなんだろうが使えるもんは使う
  • 「やる・やらない」をすぐに決める(「できる・できない」じゃなく)
  • 「今」の軸と「将来」の軸を同時に考える
などなど。

私は、仕事をちゃんとしたい。
根性でなんとかしようとしたこともあったけど、自分にはできなかった。
体および心を壊しましたw
だからできる方法を考えました、ということです。


徹夜が悪いのではないです。

自分の能力が足りないところは全力で補うのは当然。

体と心が強い人がうらやましいんですが、私にはできなかったので、
自分なりに生き残る方法を考えてたどり着いた結果です。


あとね、私は仕事だけして生きているわけじゃない。
仕事がすべてという生き方はちょっと辛い。

パートナーもいるから一緒に過ごしたい。
友達とも遊びたい。家族とものんびりしたい。
音楽も好きだし、本を読むのも好きだし、ネコとも遊びたいし、
出かけた先で看板とかポスターとか見るのも好き、
ドライブも買い物も日曜大工も小さなバイクも、とにかくいろいろいっぱい!好きなことがあります。

結構、プライベートで楽しんでることが仕事につながることもあるし、
いつのまにかそういうふうに情報として仕入れてることもあるので、
どっちも全力で楽しみたい。
そのためにどっちもがんばる。

同じ24時間、同じ一度きりの人生、全部ほしいんです。

Home > Webディレクター・Webディレクション > webディレクターとして、一人の人として

カテゴリー
アーカイブ
タグクラウド

Return to page top